生協コープしが「お弁当宅配」利用歴7年のリアルな口コミ♪

食材宅配

実家でひとり暮らしをしている私の父親、80代。

生協コープしがのお弁当宅配『夕食サポート<つながり>』

を利用し始めて、早くも7年経ちました。

普段からせっかちで文句の多い父親なので、7年も続けて利用しているコトにちょっとビックリ。

それ以前にも、地元の仕出し屋さんにお弁当を配達してもらってた時は、

「まずい!」「カタい!」「味が濃すぎる!」

と、さんざん文句を言って速攻でやめた、という過去をもつ短気高齢者。

そんな父親が7年も続けている理由を、実家に帰ったついでに探ってみるコトにしました。

それでは、長年の利用者である父親の話も聞きながら、

コープしがの『夕食サポート』、現場からリアルなレポートをお届けします♪

「生協コープしが」は、滋賀県内で約19万世帯(全世帯数の約3分の1)が加入している、県下最大の生協です。

こんな風に届くコープしがのお弁当

これはまぁご想像どおりでしょう。

よく見かける、発泡スチロール製の保冷箱で届けられます。

うちの父親、こんな感じで家の軒下にある棚の上に置いてもらってるそうな。

すでに築40年以上の実家、錆びたスチール棚が何とも郷愁をさそいますねぇ♪

こんな風に屋外に置きっぱなしにできるのも、のどかな田舎町ならではでしょうか。

都市部ではちょっとありえないですかね~。

本来は、留守じゃなければ配達員さんが手渡ししてくれるようです。

保冷箱は安心シール付き

コープしがの保冷箱は、一度はがすと貼り直しできない『安心シール』付き。

安心シールがしっかり貼ってあれば、開封されていない証拠です。

いつもは父親が運んでいる保冷箱を、今回は撮影のために私が取りに行きました。

そして保冷箱を父親に手渡すと。。。

事前に「写真撮りたいから開けるの待ってー!」って言ってたのに。

せっかちな父親、早くも安心シールはずしちゃってます。

まったく油断もスキもない。

お弁当宅配の内容をチェック

箱を開けると、ジャジャーン!!

と言うほどでもなく、普通~にお弁当と保冷剤が入ってます。

「ビデオ撮るから、お弁当ゆっくり開けて見せて~。」
と、父親にお願いして動画を撮ってみました。
コープのお弁当
さすが利用歴7年。
ビニール袋を取って紙ベルトを外す動作が、完全にルーティン化してますね(笑)

動画の音声をよく聞いてみると、最初は

「なんや今日は貧相やな。」とか言ってたくせに、最後には

「いつもこんなもんや。」などと、適当なコト言ってます。

どっちなんだ、80代男子。

そんな適当なうちの父親、現在のところ『夕食サポート』2種類を利用しております。

プラスチックのケースは、フタを取って電子レンジでチンできるタイプ。

こちらが、ゴハンも入っている『お弁当コース』。

枝豆がゴハンの上に大移動しちゃってますが、もともとは高野豆腐の添え物かなー?

こちらはゴハンなしの『4種類のおかずコース』。

サラダや果物は、レンジで温める前に取り出せるようにカップに入ってるんですねー。

せっかちな父親は、そんなコト絶対にやってなさそう。

そして、この日の献立内容を確認しようと思ったのに、手元にあるメニュー表は翌週分のみ。

今週の分は、父親がすでにゴミに出しちゃってました。早っ!!

ちなみにメニュー表はこんな感じです~。

1週間分が記載されていて、献立の内容以外にも、カロリーやアレルゲン、気になる塩分もしっかり確認できますよー。

それでは、『夕食サポート』のデメリットとメリットを見ていきましょう♪

タンサック編集部

こんにちは。タンサックと申します。
このサイトの名前にもなっているタンサックは、「探索」という意味です。
ぐるめタンサックでは、ピザやスイーツ、おせちなどの業者の紹介をしています。
公式サイト以上に詳しく紹介することを心がけています。
ただの食いしん坊がお届けする自由なサイトですが、なにを食べるか迷ったら、いつでも見に来てくださいね。

タンサック編集部をフォローする
食材宅配
タンサック編集部をフォローする
ぐるめタンサック
タイトルとURLをコピーしました