鹿肉お取り寄せランキング!初心者が安心して試せるトップ5

和食通販ランキング2020

最近は、日本でも『ジビエ』が注目されていますよね。

ジビエとは、フランス語で「狩猟で得た野生鳥獣の食肉」という意味。

狩猟の盛んなヨーロッパでは、野生動物を食べるジビエ料理が食文化として根付いています。

野生動物を食べるなんて、マンガの世界みたいでちょっと憧れたりして。

この記事では、ジビエの中でも「鹿肉」に注目。

調べてみると、レストランに行かなくてもネットでお取り寄せできるんです。

家にいながらお取り寄せして試せるなんて、イッキに身近な料理に思えてきますよね。

そこで、初心者でも安心して試せるように人気商品をランキングにしてみました。

通販サイトの楽天市場とヤフーショッピングで、レビュー件数が多い順にトップ5の商品をご紹介します。

鹿肉好きなアナタも、鹿肉を試してみたいアナタも、お取り寄せの参考にして下さいね。

<記載している商品情報やレビュー件数は、2020年1月16日現在のものです>

鹿肉お取り寄せランキング・トップ5

それでは、レビュー件数の多かった鹿肉ランキング・トップ5を発表していきましょう~。

第1位:鍋に入れるだけ!スライス鹿肉

引用元:https://item.rakuten.co.jp/kitanogourmet/shikashabu001/

ストア名 エゾ鹿肉専門店・北のグルメ
商品名 エゾシカ肉・鹿しゃぶ1kg
レビュー評価 4.16点/レビュー件数は92件(楽天のみ)
価格 3,580円(税込)
内容量 1kg(ロース500g/モモ500g)
原産地 北海道
発送方法 冷凍便
送料 この商品だけなら無料・他の商品と同梱は600円~2,000円(地域別)

鹿肉の中でもよく食べられているモモとロースのお肉。

この2種類を食べ比べできるお得感がうれしいですね。

さらに最初からスライスされているので、焼くだけ・お鍋に入れるだけと調理が簡単です。

これは人気があるのも十分納得できる商品。

それでは、この商品のレビューを見てみましょう。

まずは低い評価だったレビュー。

肉がパサパサしている。味が淡白だった。

マイナスの評価だけのレビューは、92件中・約1割でした。

赤身の多い肉なので、脂肪分の少なさを淡白と感じる方もいるのかもしれませんね。

しかし、多くは美味しいという意見でした。

しゃぶしゃぶで食べるとさっぱりしていて美味しい。
鹿肉のうま味があって、かなり美味しい。
臭みもなく、柔らかくて美味しかった。

「すき焼きにすると、臭いがなくなって美味しい。」というレビューもあり。

一方「すき焼きにすると美味しいけど、アクが多い。」という意見もあり。

他にも、焼くより鍋、鍋よりステーキと、調理の好みは人それぞれのようです。

ロースとモモがたっぷり500gずつなので、いろんな食べ方を試して、自分好みの調理法を見つけるのが楽しそうー♪

第2位:調理法いろいろ!柔らか塊肉

引用元:https://item.rakuten.co.jp/kizaki/697076/

ストア名 猪肉のキザキ
商品名 天然 鹿肉 (要加熱)
レビュー評価 4.55点/レビュー件数は65件(楽天のみ)
価格 2,000円(税込)
内容量 250~300g
原産地 京都府
発送方法 冷凍便
送料 800円(北海道・沖縄・離島は+500円)

モモとロースのかたまり肉。

一口サイズに切って鹿カツにしたり、野菜炒めのような定番料理に牛肉の代わりにも使えます。

評価の低いレビューには、

配達日に届かなかった。

というケースが1件だけありました。

冷凍肉で届くので、食べたい日が決まっているなら、早めに注文して冷凍庫に保存しておくと安心ですね。

その他、多くの方には好評でしたよ。

とても美味しく、毎年冬の時期を待っています。
ローストにして美味しくいただきました。
クセが全くなく、弾力があってモチっとした触感も最高でした。

冷凍肉の場合、冷蔵庫や氷水の中でゆっくりと解凍するのが美味しく食べるコツ。

このかたまり肉は、解凍に半日ほどかかるので、余裕を持って解凍するといいですね。

私が食べてみたいのは、厚めにカットした鹿カツ。

サクサクの衣と鹿肉、思い浮かべるだけでちょっとテンションが上がります~♪

あと、レビューの中に何件か「刺身で食べた」とありましたが。

食中毒を防ぐためには、しっかり加熱して食べるようしましょう。


天然 鹿肉 (要加熱)250g〜300gの固まり しか肉 ジビエ料理 京都

第3位:特製タレの鹿バラジンギスカン

引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/tonxton-market/ttmiy1002005.html

ストア名 TONxTON MARKET
商品名 エゾ鹿肉・バラ・ジンギスカン1kg
レビュー評価 4.51点/レビュー件数は49件(ヤフーのみ)
価格 2,726円(税込)
内容量 1kg
原産地 北海道
発送方法 冷凍便
送料 無料

特製のタレで味付けされた、鹿バラ肉のジンギスカン。

味つけ要らずなので、簡単そうなのがうれしいですね。

そして、なんと送料が全国一律で無料ですよ。

そんなお得なジンギスカン、レビューでの評価はどうでしょうか。

調理した後の油がすごい。

バラ肉の脂身が合うか合わないかは、好みによってあるでしょうねー。

油を落とすために、七輪やジンギスカン用の鍋で食べた方が良い、という意見も。

それ以上に、美味しいという意見が多かったですよ。

いつもラムジンギスカンを食べていますが、こちらの方が油がおいしかったです。
臭みもなく歯ごたえも良い。
ほどよい脂身と柔らかさで非常に満足。

味つけは濃いめのようなので、野菜と一緒に炒めて食べると美味しそうですねー。

うちには七輪もジンギスカン用の鍋もないので、後処理用にペーパータオルや使い古しのタオルを用意してから食べようっと。

➡エゾ鹿肉・バラ・ジンギスカン1kg

第4位:食べ方いろいろの鹿肉セット

引用元:https://item.rakuten.co.jp/takuminfj/gift2015-10/

ストア名 天然エゾシカ肉専門店「狩人の匠」
商品名 エゾ鹿肉 贅沢5点セット
レビュー評価 4.85点/レビュー件数は46件
価格 3,000円(税込)
内容量 ミンチ250g×2, ロースブロック300g, モモステーキ300g, 外モモスライス200g
原産地 北海道
発送方法 冷凍便
送料 980円~2,800円(地域別)
ストア:10,000円以上購入で無料(沖縄・離島1,000円)

野生のシカを捕獲して処理する鹿肉。

この捕獲と処理の間が長くなると、臭みが出て美味しくなくなるんですよね。

「狩人の匠」では店主自身がハンターで、15分以内に食肉工場に持ち込んでいるそう。

「工場から半径4km以内を狩場にしているから、すぐに処理できて鮮度が違う。」

と、『稚内しんきん情報誌vol.113』の店主インタビューでも話されています。

そんな「狩人の匠」の色んな料理が試せる鹿肉セット。

ステーキ肉・スライス肉・ブロック肉がすぐに使える形で届くなんて、とても贅沢な商品ですよねー。

レビューを見ると、悪い評価はありませんでした。

良い評価はこんな感じです。

いろいろな部位がちょうど良い量で入っているので使いやすい。
臭みがなくクセもなく、食べやすくて私は好きです。
セット内の「モモステーキ」ローストが味わい深くて大好き。

いろんなお肉の部位が入っているから、使い方もいろいろ選べてうれしいですね。

ミンチはハンバーグやミートソース、スライスは炒め物や、バーベキューに持って行ったりしても喜ばれそう。

第5位:九州を楽しめる!大分天然鹿

引用元:https://item.rakuten.co.jp/yamakawaya/deermomo/

ストア名 山川屋オンラインショップ
商品名 鹿モモ肉1kg(大分県産天然鹿肉)
レビュー評価 4.53点/レビュー件数は45件(楽天のみ)
価格 3,348円
内容量 1kg
原産地 大分県臼杵市
発送方法 冷凍便
送料 無料(北海道・沖縄・離島は300円)

1kgのモモ肉のかたまり肉が、3つのパックに分けて届けられる商品。

このモモ肉は、大分県臼杵市の山で獲れた鹿を、30分以内に解体して急速冷凍しています。

モモ肉をさらに細かく部位に分けると、外モモ・内モモ・中心部のシンタマ(芯玉)の3種類。

悪いレビューの中には、

肉がめちゃめちゃ硬かった。

とありましたが、こうした部位の影響かもしれませんね。

運動量が特に多い外モモは、モモ肉の中でも硬めの肉。

逆に内モモは特に柔らかくて、中心部のシンタマもきめ細やかな肉で柔らかいのが特徴です。

届く部位はランダムなので、もしかすると届いた商品が硬い部位にかたよってしまったのかも。

圧倒的に多かった良いレビューはというと。

臭みもなく、とても美味しかった。
ステーキ用に購入。脂肪分が少なくヘルシーなお肉です。
今回はハンバーグにしました。バルサミコ酢がとても合います。

かたまり肉で来るので、色んな食べ方を試してみたい商品。

ただ、1kgのかたまり肉なので、解凍にかなり時間がかかりそうです。

1日で終わらない可能性もあるんじゃないでしょうか。

食べる日が決まっていれば、2日前から冷蔵庫で解凍スタートした方がいいかもしれませんねー。


【送料無料】鹿モモ肉1kg【大分県産天然鹿肉】【RCP】真空冷凍配送

鹿肉は加工品もある!番外編

ここまで、鹿の生肉ばかりを紹介してきました。

でも豚肉や牛肉もそうですが、お肉って加工品がいろいろあるイメージですよね。

鹿肉にも加工品ってあるんでしょうか。

ハイ! ちゃんと加工品もありますよー♪

生肉を販売している会社が加工品も販売していますので、おまけに紹介しておきますね。

バーベキューには鹿肉ソーセージ

引用元:https://item.rakuten.co.jp/kassai/benison-j_soseji/

ストア名 活彩北海道
商品名 鹿肉ジャンボソーセージ・3本入
価格 1,190円(税込)
内容量 200g前後
原産地 北海道
発送方法 冷凍便
送料 1,180円一律(北海道980円、沖縄・離島2,500円)

バーベキューでも大活躍するソーセージ。

3本でこのお値段はちょっと高いですが、調理せずに焼くだけなので、食べやすいですよね。

私はソーセージ大好きなので、試してみたいです。


鹿肉ジャンボソーセージ3本入 ☆リピーター急増中!ビールと相性バツグン!焼肉・バーベキューの一品にどうぞ♪

肉まんを鹿肉で試せる!鹿まん

引用元:https://item.rakuten.co.jp/lubo-sikanotakara/shikaman-4colors/

ストア名 エゾシカ専門店 北のジビエ
商品名 鹿肉入り中華まん 4色セット
価格 1,296円(税込)
内容量 110g×4個
原産地 北海道
発送方法 冷凍便
送料 980円~2,500円(地域別)
商品購入代金8,000円以上で無料(沖縄・離島1,500円)

なんと「鹿肉の中華まん」までありました。

しかも電子レンジで温めるだけで簡単に食べられます。

塩味(白)・味噌味(黄色)・醤油南蛮味(緑色)・カレー味(オレンジ色)

と、カラフルで味もいろいろ。

おやつにみんなでシェアして食べたら楽しそう~。

好みに合わせて!鹿肉の部位について


当然ですが、鹿肉も部位によってそれぞれ特徴があります。

簡単にまとめてみましたので、お取り寄せする時に参考にしてくださいね♪

ロース
肩ロース
脂身と赤身がバランスよく入っている部位。
モモ 脂身がロースよりも少なく、淡白であっさりとした部位。
バラ アバラの周りのお肉。鹿肉の中では脂身の多い部位。
鹿はイノシシに比べると付きにくく、あまり出回っていない。
ヒレ 鹿肉の中で最も柔らかい部位。ただし1頭から取れる量が少ない。
スネ 肉質は硬いが値段が安い部位。
焼くよりも、カレーやシチュー・煮込み料理にするのがおすすめ。

牛肉や豚肉のように、鹿肉も部位によって味や適した調理法が違うんですねー。

私はカレーやシチューが大好きなので、試しに値段の安いスネ肉でも作ってみたいです。

もちろん、今回の鹿肉ランキング・上位の商品もお取り寄せするつもり♪

1位商品のおさらい・迷ったらコレ!

 

引用元:https://item.rakuten.co.jp/kitanogourmet/shikashabu001/

エゾ鹿肉専門店・北のグルメさんの「エゾシカ肉・鹿しゃぶ1kg」

どの商品をお取り寄せするか迷ったら、やっぱり第1位の商品でしょう。

スライス肉なのですぐに調理できてお手軽なので、鹿肉が初めての人にもピッタリ。

「鹿しゃぶ」と売られているだけあって、しゃぶしゃぶで食べると、あっさりして美味しそう~。

ロースとモモそれぞれたっぷり500gのセットなので、部位の食べ比べもできるし、色んな料理も試すことができますね。

しゃぶしゃぶだけじゃなく、すき焼きや野菜炒めにしても美味しそうですよね♪

まとめ

レビュー件数で順位付けした、鹿肉のお取り寄せランキング。

スライス肉・かたまり肉・ジンギスカンなどなど。

試してみたい鹿肉は見つかりましたか?

生肉以外にも加工品もあって、鹿肉のバリエーション、意外と豊富でしたね。

ロースやモモ肉のように焼いただけで食べられる柔らかい肉や、スネ肉のように煮込まないと硬い肉もあるので、選ぶ部位にも注意する必要がありますよ。

私は、ジンギスカンと鹿まんをお取り寄せで試してみたいと思いました。

鹿まんなんて珍しくて友達に話すネタにもなりますし、電子レンジで温めるだけで手軽に楽しめそう。

鹿って農業や林業の邪魔をするから、実は害獣に指定されているんですよね~。

農作物を食べてしまったり、植えたばかりの若い木や木の皮を食べて、木を枯らしてしまったり。

各地でどんどん増えてしまっていて、人間が食べないとただ処分されるだけに。

ランキングで紹介した鹿肉は、初心者でも試しやすく普通の調理法で食べられます。

気になった鹿肉、ぜひお取り寄せしてみて下さいね♪

タンサック編集部

こんにちは。タンサックと申します。
このサイトの名前にもなっているタンサックは、「探索」という意味です。
ぐるめタンサックでは、ピザやスイーツ、おせちなどの業者の紹介をしています。
公式サイト以上に詳しく紹介することを心がけています。
ただの食いしん坊がお届けする自由なサイトですが、なにを食べるか迷ったら、いつでも見に来てくださいね。

タンサック編集部をフォローする
スポンサーリンク
和食通販ランキング2020
タンサック編集部をフォローする
ぐるめタンサック
タイトルとURLをコピーしました