ワインの製造方法って?初心者にもわかりやすくなぜを解決!

飲み物通販

ワイン歴2か月の超初心者です。

そんな私が楽しみにしているのは、毎晩海外ドラマを見ながら飲むワイン。

リラックスタイムに彩りを添えてくれています。

お手頃な値段のワインを「ラベルが素敵」「瓶がきれい」なぁんて、家族と一緒に外見ばかりを褒めながら、いろんな種類を買って飲んでいるんです。

でも、初心者のわたしでも少~しずつ味の違いが判ってくるんですよね。

すると、ワインについていろんなことを知りたくなってきちゃいました。

知識が増えたら、もっと深くワインを味わうことができそうな予感。

そこで、ワインをより深く、もっと美味しく味わうために「赤ワイン・白ワイン・ロゼワイン、そしてスパークリングワインの4種類の製造方法」について調べみました。

普段飲んでいるワインがどのように造られているのか、ご紹介していきますね。

ワインのなぜ?は製造方法で解決

ビールは黄金色、日本酒は透明なのに、なんでワインには色んな色があるんでしょう。

それ以外にも「ワインってどんな製造方法なんだろう」「何で味に違いが出るんだろう」「渋みの訳はなんなの」「赤とか白とかロゼとか色の違いはどこからくるの」という具合に私は知らないことだらけ。

ブドウで造っているのはわかるけど、製造方法がわかれば私の疑問も解けそうな気がします。

専門的な言葉は出来るだけ使わず、私のような「ワインの製造方法を簡単に知りたい」あなたにも伝わるように書いています。

とその前に、これを知ってるとちょっと通っぽい情報をひとつ。

赤、白、ロゼワイン(スティルワイン)は「静かなワイン」、スパークリングワインは「はじけるワイン」とも呼ばれてるんですよ。

赤ワイン&白ワインの造り方

            引用:https://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/wine_old_world/

ワインは水をまったく加えないで、ブドウ100%で造られます。

そして、赤ワインは上の写真のように黒ブドウの軸や皮など丸ごと使って造り、白ワインは
白ブドウの果汁だけを絞ってからワイン造りが始まります。

赤ワイン
(黒ブドウをそのままを使います)
白ワイン
(白ブドウの果汁だけを使います)

↓                ↓

収穫 と 選果
おいしいワインを造るために、状態のいいブドウだけを選びます。

除梗(じょこう)と  破砕(はさい)
ブドウの実から茎を取り除き(除梗)、
皮を少し破るくらいで果汁を出していきます(破砕)。

発酵①・醸し(かもし)
発酵中に皮と種を一緒に漬け込んで、赤い色と渋みを出します。
プレス(圧搾)
色を出さないように果汁だけ
搾ります。

↓                ↓

プレス(圧搾)
ワインを抜き出して皮や種を取り除きます。
発酵
果汁だけを発酵させます。

↓                ↓

発酵②
発酵することでワインに含まれているリンゴ酸が乳酸に変わって、
酸味がまろやかになります。

↓                ↓

熟成 と おり引き
タンクや樽でしばらくの間落ち着かせてあげて(熟成)、
上澄みや底に残ったおりを取り除いていきます(おり引き)。

清澄(せいちょう)または、ろ過
固形物を取り除いてキレイな液体にします。

瓶詰 と 熟成
でき上ったワインを瓶に詰めて(瓶詰)、しばらく安静に(熟成)。

出荷
ようやく、自然の恵みがギュッとつまったワインの完成です!!

こんな風に、たくさんの手間暇がかけられて、おいしいワインが出来あがります。

赤ワイン

  • 黒ブドウの果実丸ごと使う
  • 製造工程の中に、発酵が2度ある

白ワイン

  • 白ブドウの果汁だけを使う
  • 製造工程で、発酵は1度のみ

これが赤ワインと白ワインの製造方法の大きな違いでした。

ワインの色の違いは、使うブドウの色の違いから出るものなんですね。

また皮や種と果汁が合わさって造られる赤ワインは渋みやまろやかさが、果汁だけで造る白ワインは酸味と甘みが引き出されるんですね。

静かなタンクや樽の中で、ブドウ達がそんな風に時間をかけて変化しているなんて、神秘的です。

色が魅力的なロゼワインの造り方

では次は、ロゼワインの製造方法です。

『ロゼ』はフランス語でバラ色っていう意味で、淡いピンクやオレンジ色、そして限りなく赤ワインに近い色までさまざま。

色が濃くなるにつれて、味わいも強く感じます。

製造方法には、おもに次の3つがありますよ。

使うブドウ 製造方法
セニエ法 黒ブドウ 造り方は赤ワインと似ていて、皮付きのブドウを発酵させたあと、程よく色づいたら果汁を取り出します。
直接圧搾法 黒ブドウ 造り方は白ワインと似ていますが、黒ブドウを使います。ブドウをつぶして、少し色づいた果汁を搾って発酵させます。
混醸法 黒ブドウと
白ブドウ
赤ワインのつくり方に似ていて、黒&白ブドウを混ぜて発酵させ、色づいたら果汁を取り出します。

赤ワインには黒ブドウ、白ワインには白ブドウ、ロゼワインはバラ色のブドウ⁉ではありませんでした!

主に黒ブドウからつくって、きれいに色づき始めた段階で皮と種を取り除くんですねぇ。

だから、赤の渋みと白のさっぱり感がいっぺんに味わえちゃう贅沢なワインです。

あぁ、なんてきれいで軽い口当たり。

ついつい飲み過ぎてしまいそうです!

満月の夜、グラスにロゼワインを注ぎ、そこに満月をうつして飲むと恋が叶うっていうおまじないがあるそうですよ。

あなたも今宵、ためしてみませんか?

タンサック編集部

こんにちは。タンサックと申します。
このサイトの名前にもなっているタンサックは、「探索」という意味です。
ぐるめタンサックでは、ピザやスイーツ、おせちなどの業者の紹介をしています。
公式サイト以上に詳しく紹介することを心がけています。
ただの食いしん坊がお届けする自由なサイトですが、なにを食べるか迷ったら、いつでも見に来てくださいね。

タンサック編集部をフォローする
スポンサーリンク
飲み物通販
タンサック編集部をフォローする
ぐるめタンサック
タイトルとURLをコピーしました