佐賀県唐津市のご当地グルメ!城下町で「うまかもん」めぐり

ご当地グルメ

唐津市ご当地みやげもお忘れなく!

おいしいご当地グルメでお腹いっぱい、観光スポットも全部まわった~。

って、何かお忘れではないですか。

最後のご当地グルメ、お土産も忘れちゃいけませんよ。

お土産を選ぶまで、唐津市のご当地グルメめぐりは続くのです。

お店の場所は、↑こちらのMAPをご覧ください。

「大原老舗」の松露まんじゅう


引用:https://oohara.co.jp/category/item/

「唐津で有名なお菓子は?」

と聞くと必ずと言っていいほど、松露饅頭(しょうろまんじゅう)!という答えが返ってきます。

それくらい有名な唐津の銘菓なんです。

こしあんを薄いカステラの生地で包んだコロンと丸い松露饅頭。

こんな風に、たこ焼き器のような穴のあいた銅板で丁寧に焼き上げられているんですよ。

甘さ控えめのあっさりとしたあんこで、ついつい食べ過ぎてしまいます。

JR唐津駅構内にも売店がありますが、せっかく唐津に来たならぜひ本店で。

「大原老舗」唐津本店
住所・佐賀県唐津市本町1513-17
アクセス・JR唐津駅から徒歩7分
営業時間・8:30~19:00
年中無休

唐津のお土産が揃う「アルピノ」

JR唐津駅のお隣にある、「ふるさと会館アルピノ」では、唐津市の名産品などのお土産がそろっています。

1階がお土産ショップ、2階は唐津焼の展示場になっていて絵付けの体験も出来ますよ。

1階・お土産ショップ

引用:http://arpino.jp/facilities

2階・唐津焼の総合展示場

引用:http://arpino.jp/facilities

こんなお土産はいかがでしょう。

引用:http://arpino.jp/product-category/uminosachi

「いかしゅうまい」

蒸しても、揚げても、フワフワのイカしゅうまいはポン酢でさっぱりと食べるのがおすすめ。

引用:http://arpino.jp/product-category/uminosachi

「魚ロッケ」(ぎょろっけ)

魚のすり身をコロッケにした「魚ロッケ」は、カレー味が人気です。

引用:http://arpino.jp/karatsu-ippin

「唐津焼陶片せんべい」

窯元が監修した本物そっくりの陶片せんべいです。

引用:http://arpino.jp/product-category/sweets

「佐賀錦」

あずき・栗・抹茶、3種類の味があります。

どれもおいしそうですよね。

魚ロッケは唐津のソウルフード。家族のお弁当によく入れます。

家に帰ってからも唐津市のご当地グルメを楽しめること間違いなしです。

もし帰る間際になって買い忘れたお土産があっても大丈夫。

迷わずアルピノに駆け込みましょう。

「ふるさと会館アルピノ」
住所・佐賀県唐津市新興町2881-1
アクセス・JR唐津駅から徒歩1分
営業時間・9:00~19:00
定休日・1/1

まとめ

今回は、JR唐津駅から歩いてめぐる佐賀県唐津市のご当地グルメをご紹介しました。

歩ける距離の範囲でもご当地グルメを楽しめるお店がいくつもありましたね。

玄界灘の海の幸、B級グルメのとんこつラーメン、唐津焼の器でいただく名産品。

どれもこれも、おいしそうなものばかりで1日では食べきれないほどです。

街歩きの前にしっかり作戦を立てておいてくださいね。

私が初めて唐津市に行った時、感動したのはイカの活造り。

「1人でイカ一杯なんて食べられないよ~。」

なんて言いつつ、あまりのおいしさにペロッと平らげました。

それ以来、訪れるたびにいろんなご当地グルメが、あの手この手で私を誘惑してきます。

観光スポットを歩いてめぐれば、いつもよりお腹がすくかも。

唐津城の天守閣に登るのも、ご当地グルメを食べるための運動と思えばつらくない、はず。

あなたもぜひ、佐賀県唐津市のご当地グルメを味わって下さいね。

「がばいうまかよ~!」

タンサック編集部

こんにちは。タンサックと申します。
このサイトの名前にもなっているタンサックは、「探索」という意味です。
ぐるめタンサックでは、ピザやスイーツ、おせちなどの業者の紹介をしています。
公式サイト以上に詳しく紹介することを心がけています。
ただの食いしん坊がお届けする自由なサイトですが、なにを食べるか迷ったら、いつでも見に来てくださいね。

タンサック編集部をフォローする
スポンサーリンク
ご当地グルメ
タンサック編集部をフォローする
ぐるめタンサック
タイトルとURLをコピーしました